おすすめ本まとめ

【2024年】青少年読書感想文全国コンクール課題図書が決定!小学生・中学生・高校生別に18冊ご紹介

※当サイトは、アフィリエイト案件を含みます。

2024年度、第70回青少年読書感想文全国コンクールの課題図書が決定しました。

読書感想文コンクールの主催者が選書した書籍が課題図書です。

青少年読書感想文全国コンクールとは?

青少年読書感想文全国コンクール2024年の課題図書をご紹介

  • 小学校低学年の部
  • 小学校中学年の部
  • 小学校高学年の部
  • 中学校の部
  • 高等学校の部

小学校低学年の部

小学校低学年の課題図書4冊をご紹介します。

『アザラシのアニュー』あずみ虫 作

タイトル『アザラシのアニュー』
あずみ虫
定価(税込)1,650円
出版社童人社
刊行日2023年12月20日
ページ数41ページ
対象年齢3歳〜

アフリカに滞在している絵本作家・あずみ虫さんによる絵本です。

野生のタテゴトアザラシのあかちゃん・アニューが大冒険をする可愛いお話です。

巻末には、アザラシの生態を解説した図鑑風のページも掲載されており、子どもが動物に興味を持つ入門の絵本としても魅力です。

『ごめんねでてこい』ささきみお 作・絵

タイトル『ごめんねでてこい』
作・絵ささきみお
定価(税込)1,320円
出版社文研出版
刊行日2023年6月30日
サイズA5判
ページ数80ページ
対象年齢小学校低学年〜

はなちゃんは、大好きなおばあちゃんと少しの間一緒に過ごすことになりました。

ある日はなちゃんは、大好きなおばあちゃんに、つい「おばあちゃんなんてきらい!」と言ってしまうのです。

はなちゃんは、おばあちゃんに「ごめんね」と言えるのでしょうか?

この本のように、家族はもちろん、お友達にも悪いことを言ったら「ごめんね」が素直に言えるような学びに繋がる絵本です。

『おちびさんじゃないよ』マヤ・マイヤーズ 文/へウォン・ユン 絵/まえざわあきえ 訳

タイトル『おちびさんじゃないよ』
マヤ・マイヤーズ 
へウォン・ユン
まえざわあきえ
定価(税込)1,870円
出版社イマジネイション・プラス
刊行日2023年2月27日
サイズ
ページ数44ページ
対象年齢小学校低学年

テンちゃんは、他の子よりも身体が小さく、みんなに子供扱いされますが、勝ち気で元気いっぱいな女の子です。

ある日、マルくんという身体の小さな男の子が転校してきました。

マルくんはいじめられてしまい、それを見ていたテンちゃんは助けようと勇気を出します。

身体が小さいことをからかったり、いじめるのはよくないと学びになります。

『どうやってできるの?チョコレート』田村孝介ほか 写真

タイトル『どうやってできるの?チョコレート』
写真田村孝介ほか 
定価(税込)1,430円
出版社ひさかたチャイルド
刊行日2023年1月
サイズA4判
ページ数32ページ
対象年齢幼児〜小学校低学年

チョコレートは、どのようにできるのか?

チョコレートの原料であるカカオは、どのように日本に来るのか?

豊富な写真や仕掛けを用いながら楽しく学ぶことができます。

子どもはもちろん、大人でも一緒に楽しめそうな1冊です。

小学校中学年の部

『いつかの約束1945』山本悦子 作/平澤朋子 絵

タイトル『いつかの約束1945』
山本悦子
平澤朋子
定価(税込)1,430円
出版社岩崎書店
刊行日2023年6月30日
サイズA5判
ページ数152ページ
対象年齢小学校中学年

ゆきみとみくは、「自分は9歳だ」と言うおばあさんに出会います。

不思議に感じながらも、一緒に街を歩き出します。

一緒に歩き話した忘れられない不思議な夏の日の物語です。

ファンタジー要素も感じつつ、戦争や平和について考えさせられる物語です。

『じゅげむの夏』最上一平 作/マメイケダ 絵

タイトル『じゅげむの夏』最上一平 
最上一平
マメイケダ
定価(税込)1,650円
出版社佼成出版社
刊行日2023年7月30日
サイズA5
ページ数128ページ
対象年齢小学校中学年

ぼく、山ちゃん、シューちゃん、かっちゃんは、同じ学校に通う仲良し小学4年生です。

かっちゃんは筋ジストロフィーとうい難病を抱えているけれど、大切な友達です。

そんなかっちゃんが川へダイブをしたいと言い出しました。

天神集落に住む子どもたちにとって、川へのダイブは特別な意味があるのです。

少年たちの爽やかな青春を描いた物語です。

令和6年度「児童福祉文化賞」や2025年IBBYバリアフリー児童図書と推薦作品にも選ばれるなど話題になっている児童書です。

『さようならプラスチック・ストロー』ディー・ロミート 文/ズユェ・チェン 絵/千葉茂樹 訳

タイトル『さようならプラスチック・ストロー』
ディー・ロミート 
ズユェ・チェン
千葉茂樹
定価(税込)1,760円
出版社光村教育図書
刊行日2023年9月30日
サイズA4変
ページ数32ページ
対象年齢小学校中学年から

近年プラスチックゴミによる海洋汚染が社会問題になっていますが、一体プラスチックの何が悪いのでしょうか?

タイトルや表紙を見て分かるように、ゴミの影響や解決策などをSDGsの観点から考え行動するためのノンフィクション作品です。

一方で、約5千年前に発明されたとされるストローが、プラスチックストローに変貌するまでの歴史も楽しく学べる作品です。

環境問題を学べるのはもちろん、ものづくりの歴史も知れますよ。

「聞いて聞いて!音と耳のはなし』

タイトル『聞いて聞いて!音と耳のはなし』
高津修・遠藤義人
長崎訓子
定価(税込)1,760円
出版社福音館書店
刊行日2023年3月17日
サイズ
ページ数44ページ
対象年齢3・4・5歳〜

音はふるえる空気の波から生まれる?

オーディオ専門家である高津修さんと遠藤義人さんの耳や音に関する知識に、長崎訓子さんのシンプルなイラストがコラボレーションした知識絵本です。

大きな音は大きくうねり、高い音は細かくふるえていると言います。

人間も動物も、日常の中でさまざまな音を聞き取り、記憶しながら生活していることが分かります。

小学校高学年の部

『ぼくはうそをついた』西村すぐり 作/中野花野 絵

タイトル『ぼくはうそをついた』
西村すぐり
中野花野
定価(税込)1,650円
出版社ポプラ社
刊行日2023年6月
サイズB6判
ページ数174ページ
対象年齢小学校高学年〜中学生

広島に住む小学5年生のリョウタは、祖父から原爆の話を聞き、戦争の怖さを感じていました。

そんななか、同級生の女の子の曽祖母が原爆で子どもを亡くしていることと、時おり記憶がうやむやになり、我が子を探しているのだと知ります。

そこでリョウタは、あるうそをついてしまうのです。

少年の優しいうそを通して、平和のために何ができるのか考えさせられる物語です。

『ドアのむこうの国へのパスポート』トンケ・ドラフト&リンデルト・クロムハウト 作/リンデ・ファース 絵/西村由美 訳

タイトル『ドアのむこうの国へのパスポート』
トンケ・ドラフト&リンデルト・クロムハウト 
リンデ・ファース 
西村由美
定価(税込)1,980円
出版社岩波書店
刊行日2023年4月27日
サイズA5判
ページ数206ページ
対象年齢小学高学年〜

作家の家には、謎めいたドアがあります。

ドアの向こうには、特別なパスポートを持った人しか入れません。

ラウレンゾーとクラスの仲間達は、作家から届く謎解きに向き合いながらさまざまな課題に立ち向かいます。

オランダの人気児童作家二人による心の鍵を開ける物語で、子ども達へのエールに満ちた物語です。

『図書館がくれた宝物』ケイト・アルバス 作/櫛田理恵 訳

タイトル『図書館がくれた宝物』
ケイト・アルバス
櫛田理恵 
定価(税込)2,090円
出版社徳間書店
刊行日2023年7月12日
サイズB6判
ページ数384ページ
対象年齢小学校高学年〜

舞台は、第二次世界大戦中の1940年・イギリス。

保護者代わりだった祖母が亡くなり、12歳のウィリアム、11歳のエドマンド、9歳のアンナの3人きょうだいは居場所をなくしてしまいます。

3人はロンドンからの学童疎開に合流し、ある田舎の村にいきますが、疎開先では辛いことばかり。

そんな3人の救いとなったのは、村の図書館でした。

第二次世界大戦下の心温まる物語で、巻末には、物語の中に登場する本のリストも収録されています。

『海よ光れ!3・11被災者を励ました学校新聞』田沢五月 作

タイトル『海よ光れ!3・11被災者を励ました学校新聞』 
田沢五月
定価(税込)1,540円
出版社国土社
刊行日2023年1月30日
サイズA5判
ページ数160ページ
対象年齢小学校高学年〜中学生

東日本大震災で津波の被害にあった岩手県山田町ですが、高台にあった大沢小学校は避難所として使われました。

避難所となっていた小学校で、子ども達が感じ、取り組んだことがまとめられているノンフィクションです。

しばらく孤立状態だった避難所で、子ども達は「海よ光れ」という学校新聞を作りました。

取り組みによって、子どもたち自身や地域の人々はどれだけ救われたことでしょう。

本の中には、実際の学校新聞「海よ光れ」も掲載されており、子どもも大人も励まされるはずです。

中学校の部

『ノクツドウライオウ』佐藤まどか 著

タイトル『ノクツドウライオウ 靴ノ往来堂』 
佐藤まどか
定価(税込)1,650円
出版社あすなろ書房
刊行日2023年4月
サイズ
ページ数224ページ
対象年齢中学生〜

レンガ造りの小さな建物は、築100年のオーダーメイド靴店「往来堂」です。

靴職人で店主の祖父を、シューズデザイナーを夢見る孫の夏希は尊敬していました。

祖父の店で靴を注文をする客との触れ合いを見ながら、夏希は自分の道を見つめていきます。

シューズデザイナーを夢見る中学生を、さわやかに描く青春物語です。

『希望のひとしずく』キース・カラブレーゼ

タイトル『希望のひとしずく』
キース・カラブレーゼ
定価(税込)1,980円
出版社理論社
刊行日2023年6月
サイズA5判
ページ数312ページ
対象年齢小学校高学年〜中学生

オハイオ州の小さな町に、願いを叶えてくれるという古い井戸があります。

3人の中学生はその井戸を見つけ、クラスメイトや町の人々のさまざまな願い事を知ります。

井戸は、本当に願いを叶えてくれるのか・・?

愛と希望に満ち溢れた、優しい物語です。

『アフリカで、バッグの会社はじめました 〜寄り道多め仲本千津の進んできた道〜』江口絵里 著

タイトル『アフリカで、バッグの会社はじめました 〜寄り道多め仲本千津の進んできた道〜』
江口絵里
定価(税込)1,650円
出版社さ・え・ら書房
刊行日2023年6月30日
サイズ
ページ数136判
対象年齢小学校高学年〜

「アフリカの貧困問題を解決し、女性を輝かせたい。」

2015年、仲本千津さんはアパレルブランド「RICCI EVERYDAY」を立ち上げました。

「RICCI EVERYDAY」の商品をウガンダで生産し、現地のシングルマザーの生活を助けています。

様々な職・寄り道を経験し、夢を追い続けた仲本さんが社会起業家として活躍するまでの半生が綴られたドキュメンタリー作品です。

進路に悩む中学生にもぴったりの本です。

高等学校の部

『宙わたる教室』伊与原新 著

タイトル『宙わたる教室』
伊与原新 
定価(税込)1,760円
出版社文藝春秋
刊行日2023年10月20日
サイズ46判
ページ数288ページ
対象年齢

新宿にある定時制高校には、それぞれに事情を抱えた生徒達がいました。

ある日、赴任してきた謎めいた理科教師とともに科学部を結成し、「火星のクレーター」を再現する前代未聞の実験を始めることに!

夜の教室を舞台にしたドラマチックな青春科学小説です。

2024年10月8日からはNHKドラマ10でドラマ化も決定している話題の作品です。

『優等生サバイバルー青春を生き抜く13の法則ー』ファン・ヨンミ 作/キム・イネ 訳

タイトル『優等生サバイバルー青春を生き抜く13の法則ー』 
ファン・ヨンミ
キム・イネ
定価(税込)1,650円
出版社評論社
刊行日2023年7月4日
サイズ46判
ページ数232ページ
対象年齢

首席で進学校に入学したジュノは、成績に一喜一憂する日々。

優等生だけど、テスト、課題、進路、SNS、恋に悩みは尽きない!

ハードな高校生活を生き抜くために優等生のジュノが見つけた13の法則とは?

勉強に恋に悩むジュノの姿は、高校生の心にグッと響くはず。

『私の職場はサバンナです!』太田ゆか 著

タイトル『私の職場はサバンナです!』
太田ゆか 
定価(税込)1,562円
出版社河出書房新社
刊行日2023年5月26日
ページ数216ページ

著者の太田ゆかさんは、日本人女性で唯一の南アフリカ政府公認のサファリガイドで、野生動物の保護活動にも取り組んでいます。

太田ゆかさんが、大好きな動物を守るためにサバンナの動物たちの生態や環境保護の最前線について解説しています。

読書感想文は課題図書から選ぶのがおすすめ!

第70回青少年読書感想文全国コンクールの課題図書をご紹介してきました。

読書感想文の選書は基本的に自由ですが、課題図書から選ぶのはおすすめです。

学年に合わせて書きやすそうな本を選んで、ぜひチャレンジしてみて下さいね!

-おすすめ本まとめ